2018.12.27

仏教の宗派について 1

●天台宗
伝教大師最澄(767〜822)が唐に留学後帰国して開いた宗派です。開宗は西暦でいうと806年で、平安時代の始め頃になります。法華経を中心に据えた教学が特長で、法華円教、戒、禅、密教という四宗を兼ね備えたいわば綜合仏教で、鎌倉時代の新しい宗派(法然・親鸞・栄西・日蓮・道元)の母体ともなり「日本仏教の母山」と称されます。
不幸な事に10世紀の終わり頃天台密教(台密といいます)の解釈を巡り円仁・円珍が解釈をめぐり対立し、円珍は弟子を引き連れて延暦寺を去り、園城寺を拠点としました。これが「寺門派」で、延暦寺に残った円仁の派は「山門派」と呼ばれるようになります。
時代は下って戦国時代末期、織田信長による焼き打ちに遭い、大打撃を受けましたが江戸時代に徳川家康の懐刀として有名な天海が宗門を立て直しその勢力を盛り返す事になります。後に徳川家光によって上野に東叡山寛永寺が造られ、西の比叡山延暦寺に対して東の総本山として栄えました。
現在寺門派、山門派のほかに天台宗系といわれる宗派は20派ほどありますが、その中で一番おなじみなのが浅草寺で、1950年に「聖観音宗」として天台宗から分かれました。
2018.12.27

仏教の宗派について 2

●真言宗
おなじみ弘法大師空海が開いた宗派です。密教の優位性を説く教義が特長で、天台宗の「台密」に対して「東密」(教王護国寺=東寺)と称されます。
師資相承を旨とするため、分派が大変に多い事でも知られます。代表的な宗派は16あり、その対本山が18あるため真言宗十八本山と呼ばれています。その中で大きく分けて古義真言宗(高野山真言宗が代表格)・新義真言宗(豊山派・智山派)・真言律宗の三つに分類されます。

修行により大日如来と一体となり即身成仏になりえるとの弘法大師の教えが根本で、その修行は印を結ぶ(身密)、真言を唱える(口密)、瞑想する(意密)の三密のほか、森羅万象は地水火風空識の六つからなるという六大、この六大をとらえる事が出来る四つの曼荼羅が四曼で、これら六大・四曼・三密が真言宗の教義の根本というわけです。
ただこうした教義のお話ではなく、真言宗とは切り離されたところで「お大師様」による逸話が巷では広く話されている事は御存知の通りです。お大師様は日本全国のあらゆるところに顔を出し、その行いが多く伝説となって残っていることから、逆にお大師様の偉大さが解ろうというものですね。
2018.10.19

お位牌の梵字(種子 しゅじ)について

お戒名の上にしばしば「梵字」が書かれていることがあります。これを種子(しゅじ)といいます。これは仏様を一字で表わしたもので、真言種子とも呼ばれます。たくさんの仏様に梵字の種子が当てられていますが、お位牌に書かれるのはその中のわずかです。以下例を挙げていきます。
真言宗
「ア」です。大日如来を表わします。因に「ア」は例のこま犬の「ア・ウン」で知られています。梵字の字母は「ア」で始まり「ウン」で終わります。密教ではこの二文字を万物の初めと終わりを象徴するものと考えています。
浄土宗
「キリク」です。これは阿弥陀如来を表わしたものです。昔のお墓などにもよくこの「キリク」は彫られていますので、御記憶の方も大勢いらっしゃるでしょう。
曹洞宗
「バク」です。釈迦如来(お釈迦様)を表わします。御存知のとおり仏教を創設しあまねく世に広めました。
子供
「カ」です。地蔵菩薩を表わします。お地蔵様は幼くして亡くなった子供たちを守ってくれるとされています。


簡単位牌注文はこちらから>>
2018.10.17

「位牌工房」のホームページを公開しました。

ネットでお位牌を簡単注文!!「位牌工房」の公式ホームページを公開しました。
FAXを送るだけで簡単注文ができる当サイトにお位牌の注文をご依頼ください。



簡単位牌注文はこちらから>>